花魁体験STUDIO夢工房

京都で人気の花魁体験。
わたしは今日、花魁になります。

京都で花魁体験なら口コミでも人気の
夢工房がおすすめ!
ご友人やご家族、カップルで…
おいらん体験で撮る貴女史上最高写真。

京都6店舗のご予約・お問い合わせ tel.0120-015-225

花魁プランを予約する

アクセス

(10:00~19:00)※最終予約は17:00 ※当日のご予約は
 お電話でご確認くださいませ

【話題の花魁体験】花魁メイクでいつもと違う自分に

花魁になるためのメイク方法

花魁体験という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
花魁体験は、いつもとは違う自分になれるということで人気があります。
花魁というと、華やかで独特な着方の着物が注目されていますが、メイクも大切なポイントです。
江戸時代の花魁は、白粉を顔から襟足まで厚く塗り、細く書かれた眉に、切れ長な目元に見せており、鼻筋は高く、口元は小さく見せていました。
目元には赤いアイシャドウを塗り、口元には真っ赤な口紅を塗っていたのです。
白と赤のコントラストが美しいとされていて、現代の花魁スタイルも当時のメイクがベースになっています。
口元のポイントは、花魁は唇が小さいおちょぼ口が美しいとされていたため、最初にコンシーラーなどで元の色味を消しましょう。
そのあと、リップライナーで小さめになぞり、口紅を塗ってください。
こうすることで魅力的な、小さい薄い口元になれます。
また、当時は、紅を何度も重ねた玉虫色に見せることが流行っていました。
純度の高い紅を塗り重ねた時にだけ玉虫色に発色する笹色紅は、身分の高い女性が行った化粧で、憧れている人も多かったと言われています。

花魁メイクのポイントはアイメイク

江戸時代の花魁は、妖艶さをだすために目尻に紅をさしていました。
現代の花魁のアイメイクでも、赤は欠かせません。
赤いアイシャドウは一気に花魁らしさが増すでしょう。
赤いアイシャドウを目頭から目尻にむかって、目尻側が濃くなるようにぼかしてください。
赤に抵抗がある人や、涼しげな雰囲気が好きな人には、青いアイシャドウもおすすめです。
真っ黒なアイライナーで普段より太く描いたアイラインは、花魁に最も似合います。
目尻を跳ね上げたり、下げて囲みラインにしたりと、自分の目指す雰囲気に合わせましょう。
付けまつげやカラーコンタクトも華やかな目元にしてくれます。
さらに、目尻にボリュームのある付けまつげをポイント使いすると、さらに目が強調されるでしょう。
普段と違う新たな自分を発見できるのも花魁メイクの魅力です。
花魁体験で、花魁メイクに挑戦してみてはいかがでしょうか。

コラム一覧