【話題の花魁体験】花魁の着こなしの意味を知ろう|花魁体験の流れ花魁体験STUDIO夢工房~最高クオリティの花魁体験が4500円~

花魁体験STUDIO夢工房

京都で人気の花魁体験。
わたしは今日、花魁になります。

京都で花魁体験なら口コミでも人気の
夢工房がおすすめ!
ご友人やご家族、カップルで…
おいらん体験で撮る貴女史上最高写真。

京都6店舗のご予約・お問い合わせ tel.0120-015-225

花魁プランを予約する

アクセス

(10:00~19:00)※最終予約は17:00 ※当日のご予約は
 お電話でご確認くださいませ

【話題の花魁体験】花魁の着こなしの意味を知ろう

花魁の着こなしには意味がある

花魁に興味がある人も多いのではないでしょうか。
花魁の着こなしには、意味があります。
着こなしの意味を知ると、花魁の体験もより楽しいものになるでしょう。
花魁の着物は見せることが最も大切なことだとされていました。
そのため、実用性はほとんどありません。
花魁の着こなしは、襦袢などの下着類を着て、その上に小袖を2枚ほど重ね、そこに帯を結んでさらに打掛を3枚ほど重ねます。
髪型は高く結い上げ、そこにかんざしを12本差し、高下駄を履くのが一般的でした。
最も特徴的なのは、帯を前で結ぶことでしょう。
帯を前で結ぶことを前帯と言います。
前帯の意味は既婚者の意味があり、遊郭では一夜限りの妻という意味があるのです。
着物の前に結び目がくるため、大きな柄が見せやすいという特徴があります。
前帯にも様々な種類がありますが、定番は帯を前に垂らすまな板帯です。
帯のたれの長さは約1mもあり、幅は19cmほどの広幅帯を用いていました。
花魁体験をする際はまな板帯で結び、お気に入りの絵柄を目立たせてみてはいかがでしょうか。

花魁は当時のファッションリーダー

花魁の着物は、裾が丸くなっています。
その意味は、屋外で歩くときに裾が汚れないようにするためや、裾がめくれてしまわないようにするためです。
裾の部分に「ふき」という綿を入れて厚みを出します。
花魁道中を歩く際は、ふきを入れた裾をまくりあげますが、身長を高く見せ、見栄えを良くする効果もあったようです。
花魁の着こなしは当時、最新のファッションとして全国に発信されていました。
花魁というと、男性に人気があるイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。
しかし、花魁道中を見に来る人は男性だけではなく、着こなしの美しさに憧れる女性もたくさんいたのです。
大奥の女性も、花魁の着こなしを真似していたとされています。
非常に派手な着物ですが、花魁にとっては花嫁衣装を意味しているため、豪華な着物が多く、夫婦の夜の象徴であるように帯を前で結んでほどきやすくしているのです。
京都旅行をする際は、京都の町並みを堪能するだけではなく、花魁体験も楽しんでみてはいかがでしょうか。

コラム一覧